もしも Topseller(トップセラー)ともしもドロップシッピングの比較
楽天のネットショップ失敗と嘆く前にトップセラーで起死回生
もしも トップセラー(Top Seller)3つの秘訣 次世代ネットshop運営
もしも トップセラー(Top Seller)の評判から利点を考える
もしも トップセラー(TopSeller)で楽天へ出店!攻略法
ネットショップ開業に商材仕入れは時代遅れ!トップセラーで無在庫販売
トップセラーでもしものds副業を経て楽天へ出店するメリットは?
もしもトップセラー(topseller)のメリットをもしも大学竹内学長の動画で視聴
もしもトップセラーは儲からない評判もある ネットショップの仕入れない運営
もしもトップセラーは楽天出店者用のドロップシッピングサービス
楽天出店は儲からない?トップセラー(TopSeller)で利益を上げる(その1)
楽天出店は儲からない?トップセラー(TopSeller)で利益を上げる(その2)
もしもトップセラーの商品力で楽天運営は事前計画なしで利益を上げる

Word Pressプラグイン「WordPress Ping Optimizer」Ping送信を重複させない

Word Pressプラグイン「WordPress Ping Optimizer」Ping送信を重複させない

WordPressでPing送信を設定することで記事を更新したことを
Ping送信先へ知らせることができるとてもいいシステムだと思います。

インデックスが早くなったり、アクセスアップする可能性もあります。


HTMLサイトではシリウスのように手動でできるものはあっても
自動設定はできません。


私もWPのサイト全部にPing送信の設定をしていましたが、
このPingにも欠点があるようです。

記事を新規投稿して、手直しをして何度も【更新】を押すことで
更新を押した数だけPingを送信してスパム扱いされることがあるそうです。


それをツール作成業者さんよりのメールで知ってあわてて導入しました。

記事を投稿したあとで何度も訂正をしてやり直しをすることが多いんですーー;

それがスパム扱いになることがあるなんて~~

そのPing送信を1回だけで終わらすプラグインの紹介です。

「WordPress Ping Optimizer」プラグイン

【使い方】

ダッシュボート⇒プラグイン⇒新規追加
検索窓へWordPress Ping Optimizeをコピーして貼り付けます。

wpp-1


いますぐインストールをクリックして有効化します。wpp-2


ダッシュボード⇒設定からWordPress Ping Optimizerを探してクリックします。

WPプラグイン「WordPress Ping Optimizer」



すでにPingの記載がありますが、自分が使っているものと変更もできます。

プラグインordPress Ping Optimizerの使い方

Enable pingingにチェックをつけて Save Settingsをクリックして完了です。




こうすることで投稿した記事をやり直すごとにPing送信されなくなりました。
これでスパム扱いを気にすることなく記事の手直しができます。




コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ