もしも Topseller(トップセラー)ともしもドロップシッピングの比較
楽天のネットショップ失敗と嘆く前にトップセラーで起死回生
もしも トップセラー(Top Seller)3つの秘訣 次世代ネットshop運営
もしも トップセラー(Top Seller)の評判から利点を考える
もしも トップセラー(TopSeller)で楽天へ出店!攻略法
ネットショップ開業に商材仕入れは時代遅れ!トップセラーで無在庫販売
トップセラーでもしものds副業を経て楽天へ出店するメリットは?
もしもトップセラー(topseller)のメリットをもしも大学竹内学長の動画で視聴
もしもトップセラーは儲からない評判もある ネットショップの仕入れない運営
もしもトップセラーは楽天出店者用のドロップシッピングサービス
楽天出店は儲からない?トップセラー(TopSeller)で利益を上げる(その1)
楽天出店は儲からない?トップセラー(TopSeller)で利益を上げる(その2)
もしもトップセラーの商品力で楽天運営は事前計画なしで利益を上げる

WP賢威の記事ページの下へ関連記事を表示させる『WordPress Related Posts』プラグインを導入

WP賢威の記事ページの下へ関連記事を表示させる『WordPress Related Posts』プラグインを導入

このサイトを賢威最新6.2へバージョンアップしました。


賢威5の色が気にいっていてずっと利用していましたが、
やっぱりレシポンシブはいいですね。
スマホやタブレットからも見やすいのが一番いいです。

>>>賢威6.2最新版の詳細

他で使っている有料テンプレートには各記事ページ下に関連記事一覧が
表示されるのに、賢威の記事ページ下はなんだか殺風景、さみしいと
思っていたら記事を書くごとに表示させたい関連記事の題名とリンク先
を手書きで入力するようです。

私のようにあまりこだわりがなくて関連記事ならどれでも自動で表示
させてほしいという人にぴったりのプラグインがありました。

記事下に関連記事を表示させるプラグイン『WordPress Related Posts』です。

私はこのサイトでは画像を使っている記事は少ないのですが、勝手に背景画像も入れてくれてページを華やかにしてくれるのがいいです。

これなら無理に画像を挿入する手間もありませんし、同じカテゴリーの記事が表示されます。



『WordPress Related Posts』プラグイン導入する方法


ダッシュボード⇒プラグイン⇒新規追加⇒
検索窓に WordPress Related Posts と入力します。


プラグインの検索をクリックして該当のブラグインが表示されたら
いますぐ有効化をクリックします。


ダッシュボード⇒設定の中から『WordPress Related Posts』を見つけてクリックします。


『WordPress Related Posts』プラグイン使い方(1)

(1)Related Posts Title⇒関連記事を表示させるタイトルを付けます。
  こっちも見てね・ まだここにあるよ。などくだけた言葉でもいいです

(2)Number of Posts ⇒表示する記事の数の設定ができます。

Advanced settings⇒ ▼をクリックしたら開きます。

『WordPress Related Posts』プラグイン使い方(2)

ここではいろいろな表示方法が選べます。
画像なしも、小さく見せる設定もできます。
自分の好みで設定してみてください。

このサイトはVertical(Medium)を選んでいます。(デフォルトの設定)

その下のCustomizeはカスタマイズしたいときに変更等してください。

0904-3
(3)一番下のSave Changes (設定の変更)をクリックして終了です。

記事ページへの下へ関連記事が表示されていると思います。

ちょとでもサイトの滞在時間が長くなればいいなと思っています。



コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ