もしも Topseller(トップセラー)ともしもドロップシッピングの比較
楽天のネットショップ失敗と嘆く前にトップセラーで起死回生
もしも トップセラー(Top Seller)3つの秘訣 次世代ネットshop運営
もしも トップセラー(Top Seller)の評判から利点を考える
もしも トップセラー(TopSeller)で楽天へ出店!攻略法
ネットショップ開業に商材仕入れは時代遅れ!トップセラーで無在庫販売
トップセラーでもしものds副業を経て楽天へ出店するメリットは?
もしもトップセラー(topseller)のメリットをもしも大学竹内学長の動画で視聴
もしもトップセラーは儲からない評判もある ネットショップの仕入れない運営
もしもトップセラーは楽天出店者用のドロップシッピングサービス
楽天出店は儲からない?トップセラー(TopSeller)で利益を上げる(その1)
楽天出店は儲からない?トップセラー(TopSeller)で利益を上げる(その2)
もしもトップセラーの商品力で楽天運営は事前計画なしで利益を上げる

今コレが売れました

今コレが売れました

昨年末、12/27にリリースされた「今コレ売れました」のコーナーでは
リアルタイムに売れた商品が300件まで表示されます。

分かりやすいですね。
利益もこの商品を売ったらいくら利益があるんだってすぐわかります。
どうせなら利益の高いものをって思いがちですが、
利益の高い商品っていうのは売価も高く一般の人が衝動買いしにくい商品になりますね。



 

TVやメディアで話題の商品だったら流行にのって売れる確率も高くなりますが、
話題になってない高額商品を普通にショップに掲載してもそんなに売れるものでもありません。

なので最初からあまりにも売価が高い商品、普段は売れそうにない商品っていうのは
参考までに見ておくのがいいかもしれません。

消耗品などでよく売れてる商品で利益率が高いものを取扱いうほうがいいような気がします。
消耗品はなくなったらまた購入しますし。

またマイショップで消耗品が売れたとします。
その後もうそろそろなくなってリピートしそうだなってタイミングでその人へ
お知らせする機能も用意されています。(メルダス)

その人に対してメールマガジンを発行する機能です。
メールマガジンって大げさに考えたらひいてしまいますが
お知らせメールって思ったら気持ち的に楽かもしれません。

そうすればユーザーさんにはグッドタイミングでメールが来た!
じゃぁ買おうってことで注文につながる確率がぐっとアップ。

いろいろ使える機能が備わったもしもドロップシッピングは
これからネットショップを開業しようという人にも
良い勉強の場所になるんじゃないでしょうか。


コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ