もしも Topseller(トップセラー)ともしもドロップシッピングの比較
楽天のネットショップ失敗と嘆く前にトップセラーで起死回生
もしも トップセラー(Top Seller)3つの秘訣 次世代ネットshop運営
もしも トップセラー(Top Seller)の評判から利点を考える
もしも トップセラー(TopSeller)で楽天へ出店!攻略法
ネットショップ開業に商材仕入れは時代遅れ!トップセラーで無在庫販売
トップセラーでもしものds副業を経て楽天へ出店するメリットは?
もしもトップセラー(topseller)のメリットをもしも大学竹内学長の動画で視聴
もしもトップセラーは儲からない評判もある ネットショップの仕入れない運営
もしもトップセラーは楽天出店者用のドロップシッピングサービス
楽天出店は儲からない?トップセラー(TopSeller)で利益を上げる(その1)
楽天出店は儲からない?トップセラー(TopSeller)で利益を上げる(その2)
もしもトップセラーの商品力で楽天運営は事前計画なしで利益を上げる

ドメインの移管申請をして移管失敗した理由

ドメインの移管申請をして移管失敗した理由

お名前.comでドメインを取得しました。
お名前.comはドメインがセールの期間には安く購入できていいんですが、

購入と同時にWhois情報公開代行にチェックを入れておかないと自分の個人情報が
WEB上に公開されるし、購入後にWhois情報公開代行を設定した場合に
別途料金(960円税抜)が必要です。


他のドメイン取得会社はそんなことはないのですが、お名前.comだけ。。

ドメイン更新時にドメイン更新代とは別にWhois情報公開代行手数料を
支払う必要があり、それを払うのならWhois情報公開代行が無料の別の
ドメイン会社へ移管したほうが安上がりです。

なのでお名前.comからスタードメインへ移管申請しました。

でもスタードメインから移管が失敗という通知が、
再度手続きをしてください。とのメールが来ました。

???なんで、以前お名前.comからバリュードメインへ移管申請した時は
スムーズに行ったのに?

原因は、whois情報の公開を代行設定していたためです。
whois情報を自分の情報に戻しておく必要があります。


daikosettei
            ↓↓↓


daikosetteikaijo

自分の情報へ戻しておかないとドメイン移管の確認メールは自分へ届かずに、
お名前.comへ届いていたため、本人の確認がとれなくてドメインの移管に
失敗していたようです。

whois情報を自分の情報へ戻して再度申請をしたらスムーズに
移管することができました。



でも今ならお名前.comのwhois情報代理公開はドメイン取得後でも
無料でできるようです。いつまで続くサービスかはわかりませんけど。


コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ