もしも Topseller(トップセラー)ともしもドロップシッピングの比較
楽天のネットショップ失敗と嘆く前にトップセラーで起死回生
もしも トップセラー(Top Seller)3つの秘訣 次世代ネットshop運営
もしも トップセラー(Top Seller)の評判から利点を考える
もしも トップセラー(TopSeller)で楽天へ出店!攻略法
ネットショップ開業に商材仕入れは時代遅れ!トップセラーで無在庫販売
トップセラーでもしものds副業を経て楽天へ出店するメリットは?
もしもトップセラー(topseller)のメリットをもしも大学竹内学長の動画で視聴
もしもトップセラーは儲からない評判もある ネットショップの仕入れない運営
もしもトップセラーは楽天出店者用のドロップシッピングサービス
楽天出店は儲からない?トップセラー(TopSeller)で利益を上げる(その1)
楽天出店は儲からない?トップセラー(TopSeller)で利益を上げる(その2)
もしもトップセラーの商品力で楽天運営は事前計画なしで利益を上げる

ブログでアフィリエイト-物販アフィリ記事の書き方

ブログでアフィリエイト-物販アフィリ記事の書き方


物販アフィリエイトの記事「●●で紹介された商品」を
ブログに書いてみてといわれても、

書き方がイマイチわかりませんでした。


私はもしもドロップシッピングからスタートしたので
一応はベネフィット(使った利点)とか
使い方のようなことを書いてました。


どんなことを書いていいかわからなかった。

アフィリエイトともしもドロップシッピングの違いは
アフィリエイトは本サイト(売ってるところ)へ誘導する。

もしもドロップシッピングはそのページ内の
注文ボタンを押してもらう。

この違いがあります。

私の場合、それをごっちゃに考えてて
全く収入につながらなかったんです。


まず、この商品はどんなメディアで紹介されたのかとか
芸能人のだれが使ったとかをネットで検索して調べます。

紹介されたメディアの題名や芸能人が使ったらその人の名前、
色や形、これを使ってどうなったとかも
分かれば記事に盛り込みます。

その他、楽天のレビューを見て
これを使ってよかったなどの感想があれば
それも記事にのせます。

また、楽天やアマゾンで販売されてる場合には送料無料かどうか、
最安値店とか、販売価格に開きがあるかどうか、
色違いがあるかなども一応チェックしておきます。

検索する人は
その商品をほしいと思った人、興味を持った人なので
その検索してきた人に対してほしくなる、
見たくなるように記事を構成していきます。

それと一番大事なのはリンク前の
クリックしてもらうための一工夫です。

例えば
・A店では送料別だったけど楽天内には送料無料のショップもあった!

・価格は通常は●●円なんだけど、激安ショップを楽天で見っけ!
 さらにポイント5倍はすごい!

・芸能人の●●さんが購入したのはブルー、どこの店もこの色は売り切れ寸前、
 早くチェックしないと売り切れちゃう!! 再販未定らしい

など、ユーザーのほしい情報に誘導文を加えます。


私が超初心者のころは有意義な情報を書くだけで
誘導ができてなかった。

物販のアフィリエイトはブログ記事で満足してもらったら
利益につながりません。

ユーザーを商品に引き合わせる出会いの場所。
知りたかった情報を書いてあげることと、

もっと貴方にとっていいことあるよみたいな誘導文で
商品ページへのリンクをクリックしてもらう。

これが最初に身につけたコツでした。


次は、物販アフィリエイトの商品は
どこで見つけるかについてです。






コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ